センサー式蛇口が反応しにくい方の人です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週の回答

ここに、2合入る枡(ます)と、4合入る枡が1つずつあります。
これを使って水3合を量るには、最短何手でできるでしょうか?
水を入れる、水を捨てる、それぞれを一手とします。





これを最初に聞いたとき、私も「えっ!?普通に考えたら奇数できなくない?」と思いました。
おそらく皆さんもそうだったでしょう。




ここで、問題に出ている「枡」について考えてみましょう。
枡とはこういう入れ物のことですね~。私はリアルに見たことは多分ないですw

枡(wikipediaより






この断面図を書くと、こんな感じになりますね(チープなイラストですみませんw



2合



もしかしたら、この断面図を見て気付いた方もいるのではないでしょうか・・・?
そう、こうするんですね!











1合

これで2合枡の半分である1合のできあがりです。
同じようにして4合枡にも半分だけ水を入れて2合を作り、最後に2つを合わせて、水3合の完成です。
さすが自分のブログでも問題をよく出している宮野さん、大正解です。お見事でした!




















・・・っとつい先日まで思っていたのですが、なんと、匿名の回答者さんからさらに上をいく答えを出されてしまいました!


1)4合ますに4合入れる
2)そこから斜めにした2合ますに1合入れると、残りが3合になる


こうすることで、2手で完成してしまうではないですか!
私もそこまでの考えに至っていませんでした・・・参りましたm(__)m
コメント
No title
いにゅう!
2010/07/01(木) 22:16 | URL | 名無しさん #WkD1iydg[ 編集]
No title
負けた……orz
2010/07/01(木) 22:56 | URL | 宮野秀策 #-[ 編集]
No title
サブタイトルマジかよ^^;
2010/07/02(金) 00:13 | URL | よた #-[ 編集]
No title
>>名無しさん
!?

>>宮野さん
残念でしたwそして紹介ありがとう!
もしかしたら、2手の回答を書いてくれたのも宮野さんの所から来た方なんじゃないかな?

>>よたさん
ガチです。
2010/07/03(土) 01:41 | URL | かえで #JalddpaA[ 編集]
感動したw
これは凄い。思いつかなかったよ。
半分をはかるときは、ほかの場面でも応用できそうだね。
2010/07/03(土) 21:44 | URL | G猫 #-[ 編集]
No title
4合の枡の縦と横の長さは2合のそれよりも共に長い。
枡の木の部分の体積は無視できるほど小さい。

以上の2つを条件にしてもいいならもう1つ2手で入れる方法があります。

)まず、2合の枡を斜めにした状態で水を1合入れます。
)次に、4合の枡を逆さまにして2合の枡を覆い、水がこぼれないように180度ひっくり返します。
※このとき4合の枡の中に入っている2合の枡には、水1合と水1合分の空気が入っています。
)最後に4合の枡に水を入れれば2合の水が入り、逆さまの2合の枡に1合の水があるので、合計3合の水が4合の枡に入っていることになります。

)で1手、)で1手で計2手です。

ただし、この方法を2手とみなすには、)を1手としない、という心の広さ(?)が必要です。
さらに、3合の水だけでなく2合の枡まで付いてくるというおまけ付きです。
2010/09/19(日) 19:09 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
No title
上の自分のやり方はさらに条件が必要でした。

「2合の枡の高さは4合の枡の(高さー底の高さ)を超えない」

という条件が必要です。。。
2010/09/19(日) 20:18 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
No title
>>通りすがりさん
結構前の記事にわざわざコメントありがとうございますw
その方法ですが、実際に4合枡の中に残る水は、3合-(2合枡自身の体積)になりますよね?
枡の体積を考慮しなければ成立するかもしれませんが、枡の材料の厚さは通常1cm弱あり、数合レベルの計算上において無視できるものではないような気がします。
私の理解が不十分だったらすみません。
2010/09/19(日) 20:39 | URL | かえで #JalddpaA[ 編集]
No title
お返事ありがとうございます。
解釈はそのとおりで合っていますが、最初の条件の「枡の木の部分の体積は無視できるほど小さい」を読み飛ばしているように感じます。間違ってたらすみません。

ご指摘のとおり、実際の世界ではこの条件は成り立ちません。物理学の力学を考えるときのような、「空気抵抗は無視する」や「バネ自身の重さは考えない」という、いわゆる理論重視な考え方であると捉えていただければ幸いです。
2010/09/19(日) 21:24 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
No title
>>通りすがりさん
そうですね。ちょっと見過ごしてました。すみません。
実際には成り立たないかもしれませんが、とても面白い考え方ではあると思います。
逆に、通りすがりさんの考え方でないと成立しないような問題を出していれば、もっと盛り上がったかもしれませんね。
2010/09/19(日) 22:46 | URL | かえで #JalddpaA[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
Author:かえで
食レポをしています。

鉄板お取り寄せ可能ブランド
財布が許せば毎日でも食べたい。


ロイズ


ルタオ


アンリ・シャルパンティエ
つぶやき
インタビュー
最近の記事
最近のコメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。